I LOVE JAPAN ❤ 日本の今を伝えたい! 江原達怡さんを訪ねて Visiting Tatsuyoshi Ehara – Part.1

Standard

Tatsuyoshi Ehara is a prolific Japanese actor whose career stretches all the way back to the 1940s.
Born on March 26, 1937, Mr. Ehara began in entertainment as a child actor.
His entry point into the world of filmmaking was at Shochiku Studios, the home of legendary auteur Yasujiro Ozu.
Moving to Toho Studios in the 1950s, Mr. Ehara appeared in numerous works for some of the best directors Japan has ever produced, including Akira Kurosawa, Hiroshi Inagaki, and Ishiro Honda.
A partial list of credits include: Desperado Outpost (1959), Inao: Story of an Iron Arm (1959), Sanjuro (1962), Red Beard (1965), Chushingura (1962), Ultra Q (1966), Samurai Rebellion (1967), Japan’s Longest Day (1967), Admiral Yamamoto (1968), and the long-running Young Guy series.

On Monday, June 9, 2014, Brett Homenick and Asako Kato sat down with Mr. Ehara to discuss his lengthy acting career in an interview translated by Ms. Kato of English Avenue.

Tatsuyoshi Ehara: I played a role as a child actor in the play Kane no Naru Oka in 1947, written by Kazuo Kikuta, a very famous playwright.
My teacher selected me for the lead role of a play when I was in the fourth grade that was in competition for a national student theater contest. (This teacher liked plays.)
The producer of Kane no Naru Oka happened to see me in the play, so I was picked up.

江原達怡:1947年に、著名な劇作家であった菊田一夫氏の舞台「鐘の鳴る丘」に子役として出演しました。
小学4年の時の担任が大変演劇好きな方で、全国学生演劇コンクールに出場することになり、僕を主役に選んでくれたのです。その舞台を偶然「鐘の鳴る丘」のプロデューサーが観ていて、「鐘の鳴る丘」の子役に僕を選んでくれました。

This play ran at the same time as Tokyo Odori (Dance), which was a stage musical by the Shochiku musical troupe.
At first, it was for a stage show played by Shochiku women, and then it was made into a movie, and I appeared in it.
I was raised by my mother because my father died in the war. My mother was a physician, and child doctor, who specialized in preventative medicine.
My grandfather, my mother’s father, was also a doctor, and my cousin was a doctor. It was a single-mother home.
But my mother put me in Keio Junior High School, which is a prestigious private school. At that time, I was only 15 or 16 years old.
I was a young actor, and there were very few young actors, so I was asked to appear in the movies starring promising young actresses, like Ayako Wakao at Daiei and Mariko Okada at Toho.
I convinced the school that I would use my long holidays to appear in movies, and so I could appear in movies.
It’s a pun in Japanese, but I was (supposed to be) a doctor, isha, but actually I became an actor, yakusha! (laughs)

「鐘の鳴る丘」は当初、松竹歌劇団のミュージカル「東京踊り」と一緒に上演されたもので、その後映画にもなり、僕も出演しました。僕は、父が戦死したため母に育てられました。母は内科・小児科医で、予防医学を専門としていました。
母方の祖父も医者で、従兄弟も医者でした。母子家庭だったので無理だと思いましたが、「慶應はそんな学校じゃない」と知人に勧められ、私立学校の慶應義塾の中等部に入りました。
当時、15-16歳だったのですが、若い俳優はあまりいなかったので、大映の若尾文子や東宝の岡田茉莉子といった将来有望な売り出し中の女優の相手役として出演依頼があり、夏休み等の長期休暇を利用するということで学校の許可を得、映画に出演するようになりました。
日本語の駄洒落ですが、「医者(isha)」になるはずだったのに、「役者(yakusha)」になってしまった(笑)。

When we had a love scene in a movie called Shishunki (a.k.a. Adolescence, 1952), Mariko Okada was 18 or 19 years old, much older than I was.
She advised me, “Don’t hesitate.” I still remember this. Ayako Wakao was also older than I was. As a young actor, I was advised by the staff members that I had to be an actor who is loved by everybody.
Most beloved actors are called “-chan.” (The equivalent of calling a person named Leonard “Lenny.”)
My name is Tatsuyoshi, so people started to call me Tat-chan soon after I got started in this business. Many former Toho actors still call me Tat-chan.

「思春期」という映画で、岡田茉莉子さんとラブシーンがあったのですが、それを撮ったとき、岡田さんは18歳か19歳で僕より年上でした。「遠慮しなくていいわよ」と言われたことを今でも覚えています。若尾文子さんも僕より年上でした。
俳優として誰からも愛されなければだめだとスタッフに言われ、愛されている俳優はみなチャン付けで呼ばれていると教えられました。僕の名前は達怡なので、すぐに「達ちゃん」と呼んでもらえるようになりました。元東宝の俳優達は僕を未だに「達ちゃん」と呼んでくれます。

Brett Homenick: In the 1950s, I also know you worked with Mr. Seiji Maruyama in a film as the director and also co-starred with Chishu Ryu, who is a very famous Japanese actor.
So please talk about what you remember working with Mr. Maruyama and Mr. Ryu.

Brett Homenick: 1950年代には丸山誠治監督の映画に出演され、著名な俳優の笠智衆さんと一緒に仕事をされていますね。丸山監督と笠さんとお仕事をされたときの思い出についてお話しください。

TE: Seiji Maruyama directed Shishunki (a.k.a. Adolescence, 1952). Chishu Ryu is the a respectable person for me.
He was one of the leading players in Yasujiro Ozu’s films. When I met him at Toho, he was asking, “Have you ever done a love scene, Tat-chan?” I said, “Once or twice.”
He responded enviously, “Oh, I envy you. I’ve never done that. I wish I could.”

丸山監督は先ほどお話しした「思春期」(1952年)の監督でした。笠智衆さんは僕が尊敬している俳優さんです。
笠さんはとても存在感のある方で、小津安二郎映画の俳優の一人でした。東宝でお目にかかった時、こう質問されました。「達ちゃんはこれまでにラブシーンをしたことある?」。「1回かそこらは」と私が答えると「いいなあ。俺も1度やりたいなあ」と羨ましそうに言われました。

BH: In the early days, you worked with Shochiku in Ofuna. What do you remember about working with Shochiku Studios during that time?

初期には大船の松竹撮影所で仕事をされていましたね。当時の松竹撮影所での思い出を教えてください。

TE: In Shochiku’s Kyoto Studios, the interesting thing I want to point out is that there’s a Kyoto common sense.
Japan’s capital used to be in Kyoto. So the staff would direct me, “Tat-chan, can you move a little closer toward the palace?”
But I would have no clue in which direction I would have to move because I’m from Tokyo! Where Kyoto Palace was turned out to be the first thing I had to learn.

松竹の京都撮影所で面白かったのは、京都の常識というのがあったことです。日本の首都は、昔は京都でしたからね。
ですから、スタッフは「達ちゃん、もうちょっと御所寄りに立ってくれない?」と指示を出すのです。
でも、僕は東京出身なので、どっちに動いていいのか全く分からなかった!京都御所がどっちにあるか。それが、僕が最初に学ばなければならなかったことでした。

Speaking of Kyoto, Toshiro Mifune half-jokingly said that he wanted to appear in Toei Studios movies. In Toei, all stars had their personal assistants.
When the stars wanted a cigarette, it would be brought to them with a lighter and an ashtray.
A person would also fan the star when he was hot. Three staff members would take care of one star. That never happened at Toho.
Utaemon Ichikawa and Kanjuro Arashi were two big stars there, so I heard the numbers of close-up cuts they would have to take had to be exactly the same, like 30 cuts each. Have you ever heard of Kinnosuke Nakamura? He was a Toei star.
When he played in historical dramas, the way he cut people was not realistic. He said he could not kill people that way. It was kind of a dance.
So he wanted to act in Toho movies once where Mr. (Akira) Kurosawa and Mr. (Toshiro) Mifune were doing realistic films.

京都と言えば、三船敏郎さんが冗談まじりに東映の映画に出たいと言っていました。
東映では、スターにはお付きの人達がいました。スターがタバコを吸いたいと言うと、タバコとともにライターと灰皿が出てきたそうです。
また、スターが暑いというと扇ぐ係もいました。3人のスタッフが一人のスターのお世話していたのです。東宝ではありえないことでした。
また、市川右太衛門と嵐寛寿郎は2大看板でしたから、アップのカット数も全く同じにしなければだめだったそうです。
例えば、30カットずつ撮るとか。中村錦之助って聞いた事ありますか?東映のスターです。彼が言うには、東映の時代劇の斬り方は現実的ではないと言っていました。
あれでは人は殺せない。ある種踊りのような感じだと。
錦之助さんは、黒沢監督と三船さんが現実的(リアル)な映画を撮っている東宝映画に一度出てみたいと言っていました。

In Sanjuro (1962), I was one of the nine samurai. The swords we were using were real instead of bamboo replicas.
Near Shochiku Ofuna Studios, there’s a restaurant called Tsukigase which Keiji Sada’s wife’s family owned and operated.
Have you ever heard of the young actor Kiichi Nakai? He is the son of Keiji Sada. At that time, I would have lunch at Tsukigase every day.
One of the reasons I moved to Toho was the route I had to take. I was born and raised in Mita, Tokyo. So I took the train at Tamachi Station and switched at Shinagawa. Going to Ofuna was tiring. It is much easier for me to take a train from Mita to Shibuya and switch to a bus to Seijo. That’s why I went to Toho!

椿三十郎(1962年)では僕は9人のサムライの一人でした。僕らが使っていた刀は、竹光ではなく真剣でした。
松竹大船撮影所の近くは、佐田啓二の奥様の実家が経営していた「月ヶ瀬」という食堂がありました。
若手俳優の中井貴一って知っていますか?彼は佐田啓二さんの息子です。当時、僕は毎日月ヶ瀬で昼飯を食べていました。
僕が東宝に移った理由の一つに通勤路があります。
僕は三田で生まれ育ったのですが、田町の駅で電車に乗って品川で乗り換えて、大船まで行くのは疲れました。
三田から渋谷、そして成城までバスで行く方がずっと楽だった。だから東宝に移ったんです!

Originally I had no intention to become an actor. Have you ever heard of Chohko Iida? She would play the role of grandmothers or old ladies.
In the Young Guy (a.k.a. Wakadaisho) series, she played another old-lady role.
One day, while putting on her makeup in the dressing room, she took a ring off. It looked real, but there was a space in the back, so I realized it was fake.
So I pointed it out to her, and usually a woman might get angry, but she said, “You have to become a person who makes a fake ring look real.”

もともと僕は俳優になるつもりはありませんでした。
飯田蝶子さんをご存知ですか?彼女の役どころは、「鐘の鳴る丘」の時からいつもお婆さんでした。
若大将シリーズでもお婆さん役を演じていました。ある日化粧室で自前の指輪をはずしてメーキャップを始めた時、
その指輪の後ろが切れていたのを見て偽物だと気付いたのです。僕がそれを指摘したら、普通の女性なら怒るでしょう。
でも、飯田さんはこう言ったんですよ。「偽物の指輪が本物に見える人にならなくちゃね。」

As you may know, I often talk about the vertical society in Japan. Usually the grandfather has the most power in a family, followed by parents and older siblings and teachers.
Children are raised by these people. Discipline, manners, and etiquette are taught by these senior people.
But, these days, everything is getting flat, so society on the whole is getting horizontal. So I’m a little concerned about that.
In those days, the neighborhoods were more active, and your next-door neighbors, such as an old lady, would say something to you, like, “You shouldn’t do that,” even if your parents didn’t say such things.
Those kinds of neighbors are very important for me (and, at that time, for everybody) because if they thought that something wasn’t right, they would speak up. But, these days, even if they think, they don’t speak up, and it’s a problem!
These days, in the priority seats of trains, a lot of young people sit there, using their cell phones or pretending they are sleeping, even though they notice the older people. It’s a shameful thing to see.

私はよく日本の縦社会について話をします。通常、お祖父さんが家族の中で最も権力を持っていて、その次が両親で、
そして兄姉達と先生方と続きます。子供達はこう言った人たちによって育てられる。
自制心や行儀、礼儀作法をこういった年上の人達から教わるのです。
でも、近年では社会全てがフラットになって社会が水平になってきました。ちょっと心配ですね。
昔は近所付き合いが盛んで、自分の親より煩い隣のお婆さんかなんかがいたんですよね。「そんな事したらダメよ」と言ってくれたものです。そういった類いの隣人は僕にとって(当時は誰にとっても)とても重要でした。
正しくないと思ったら口に出して言ってあげていた。ところが今では正しくないと思っても誰も言ってくれない。これは問題ですよね!
最近では電車の優先席にたくさんの若い人たちが座って、携帯をいじっていたり、お年寄りに気づいても寝たふりをしている。恥ずかしいですよね。

BH: You mentioned joining Toho after Shochiku. What were your initial impressions of Toho once you joined it?

松竹から東宝に移られたとおっしゃいましたが、東宝に入られたときの最初の印象はどんなものでしたか?

TE: The major difference between Shochiku and Toho is, at Shochiku there are some factions like Keisuke Kinoshita’s factions, Yasujiro Ozu’s group, and other ones.
They would eat lunch together in a specific restaurant, but other factions would not go to that restaurant. It was that kind of atmosphere.
On the other hand, Toho Studios was much more liberated and a fun place to be. It was a more innovative, anything-goes kind of place.
The top star, Toshiro Mifune had no assistant or manager. He drove his own car by himself. He would come very early in the morning and would clean the studio by himself.
When we would do some production, on the way back we would have to load equipment such as large props and lighting fixtures onto the truck.
Mr. Mifune would help us do that. So that was very impressive.
On the other hand, when Mr. Mifune was invited to Hollywood, he would do the same thing there. But the union for cleaning people was opposed to his actions!

松竹と東宝の大きな違いは、松竹では木下恵介や小津安二郎、その他の人を中心としたグループがあることです。
あるグループがある食堂で一緒に昼飯を食べるとすると、その他のグループの人間はそこには行かない。そういった雰囲気がありました。
一方、東宝撮影所はもっと自由で、新しいことができる楽しい所でした。もっと革新的で何でもあり的な場所でしたね。
トップスターの三船敏郎さんは、アシスタントもマネージャーもいませんでした。自分で自分の車を運転されていました。朝とても早く撮影所にいらしてご自身で掃除していたものです。
実際の撮影時には、撮影が終了すると大道具や照明などの機器をトラックに載せなければならないのですが、三船さんはそれを手伝っていました。感心しましたね。
三船さんはハリウッドに行った時に同じような行動をしたら、清掃員組合の人たちの反対にあったそうですが!

BH: When it came to Toho contract system, please discuss the negotiation with the contracts and how that would change over time.

東宝の契約システムについてですが、当時の契約交渉について、また契約形態が時と共に変わっていったことについてお話いただけますか。

TE: I did not have any contract with Shochiku, so I was offered by Toho to enter into an agreement, and I accepted it.
I was raised only by my mother, so I wanted to help her (half-jokingly said).
Toho’s contracts were good for actors, especially for A-form (A-level) actors who have the title roles on the screen.
Basically, they guarantee how many films a year the studio will offer. If one film is usually for 50 days. So there’s a fixed amount of money paid annually to the actors.
If the production lasts longer than 50 days, from the 51st day, actors would get paid every day, whether we act or not.
Red Beard lasted a year and a half, and after 50 days, I was paid pretty well! Mr. Kurosawa advised us not to appear in any other movies, otherwise our acting styles would be different. In those days, Mr. Kurosawa said that making a movie is like being at war, which costs a lot of money.
When we are at war, we have to continue to fight, even though we don’t have any bullets left. The same thing could be said about films.
Even if we don’t have enough money, we have to continue to finish up the film. They decided not to produce such expensive films after Red Beard.

松竹とは契約はしていませんでしたから、東宝から契約のオファーがあったので受けました。僕は母子家庭で育ったので母の助けになるかなと思ってね(冗談っぽく)。
東宝の契約は俳優にとって良いものでしたよ。特にタイトルロールを演じる主役の俳優達にとってはね。
基本的に、撮影所が年間何本の映画を撮るかを保証してくれました。通常1本の映画を撮るのに50日かかるとして、俳優には年間固定金額が月割りで毎月支払われるのです。もし50日以上かかった場合には、51日目から演じようが演じまいが支払われる。「赤ひげ」は一年半かかったので、50日を越えた時点からいい給料をもらいましたよ。
黒澤監督はその間に他の映画に出るな、出たら悪い癖がつくと言っていました。黒澤監督は、映画は戦争の次に金がかかるものだと言っていました。
戦時は玉がなくなったからといってやめるわけにはいかないように、映画も金がないからこのカットはやめるとは言えない。映画製作を続けなければならない。
「赤ひげ」以降そういった贅沢な映画製作はできなくなりましたね。

When we shot Red Beard, there is one scene where there’s a big cabinet for the drugstore.
There’s no scene where we had to open the drawers, but every drawer has herbs and Chinese medicine. The audience wouldn’t know what was in there.
But Mr. Kurosawa insisted that we had to put real medicine in every drawer. Mr. Kurosawa said that the surface of the drawers would look different without the medicine.
As a matter of course, that’s what we did. That was at Toho.

「赤ひげ」を撮っていた頃、セットの薬膳所に薬の棚が並んでいました。引き出しを明けるシーンは全くないのですが、すべての引き出しに漢方薬が入っていました。観客は引き出しに何も入っていなくても分かりません。
でも、黒澤監督はすべての引き出しに本物の薬を入れることに拘った。
黒澤監督は「本物の漢方薬を入れなくてはだめだ。薬が入っていなければ引き出しの表面が違って見える」と言ったんです。それを当然のごとく、監督の言う通りにやりました。それが東宝でした。

At Daiei, one time Kenji Mizoguchi said that the floor in a scene was not what he wanted, so he ordered the floor to be replaced with a new one he wanted, which they did.
They tore out the old floor and rebuilt it. When there were rushes of the scene, the president of Daiei came to see them, and he asked, “What’s the difference?”
Mr. Mizoguchi said, “Well, you have to hear the sounds of the steps. The sound is different.” It was that kind of culture. That’s how films go. Actors at that time were taught that way.

大映では、溝口健ニ監督があるシーンの床が自分の思っている物と違うと言ったんです。
新しい床に取り替えることになり、古い床が剥がされて作り直しをしたんですが、そのシーンのラッシュを観ているときに大映の社長がやって来て言ったそうです。
「床が映っていないじゃないか!」溝口監督曰く、「足音を聴いてください。音が違うでしょ」そういう文化でした。
それが当たり前の世界でした。当時の俳優たちはそういうやり方を学びました。

BH: Do you have any stories about Mr. (Masaichi) Nagata, the president of Daiei?

大映の永田社長について何か面白いお話がありますか?

TE: Mr. Nagata’s nickname was “Rappa,” which is a trumpet. It means that he tends to say exaggerated things.
This is probably because he would usually say everything in a loud voice in an exaggerated way. He was big shot, and I was a young man, and I only appeared in Ms. Wakao’s movies, two or three films, so I didn’t have a real chance to talk with him. But that was my impression.

永田社長のあだなは「らっぱ」でした。物事を大げさに言いがちだという意味です。何でも大きな声で大げさに言うと言われていたからかもしれません。
社長は大物でしたし、僕は若造で若尾文子さんの映画に2−3本出演しただけでしたから、社長とは直接話す機会はありませんでした。でも、そういった印象でしたね。

Unlike today, where films are made on a fixed scheduled and fixed budget, at that time, when we’d go to the studio, we might find out that today was a day off or that maybe tomorrow would be.
When I was working on Red Beard, I had a 10-month holiday! I didn’t have to go to work, so I could do something else, which in my case was driving.
There was a driving contest to determine who was the best driver in Japan, and I participated in this contest. I won the Best Driver in Japan title. Because of that, I had a chance to work for Nissan, when they were producing the Bluebird car models, and then Mitsubishi. So I had a chance to take part in car rally and races.

決まったスケジュールと決まった予算で映画を製作する今と違って、当時は撮影所に行くと、今日も休み、明日も休み、と言われたものです。「赤ひげ」の撮影中、僕は10ヶ月くらいの休みがあった。
仕事に行かなくていいから他のことができたんです。僕の場合はドライビングでした。
日本でベストドライバーを決めるコンテストがあったので参加しました。僕は優勝して、日本一のドライバーのタイトルを獲得しました。
そして日産自動車で仕事をするチャンスをもらいました。当時はブルーバードのモデルを作っている頃でしたね。
それから三菱自動車。ラリーやレースにも出るチャンスもありました。

I taught race car driving to many different people. That led to Go, Go, Young Guy! (1967). I was driving in the long shots of the car-racing scenes in that movie.
I was sort of a stunt man! Mr. Kayama was there with me, so he wanted to do some spin turns. Mr. Kayama asked me to teach him how to do that. It’s very dangerous.
So I asked him to promise me not to do that spin turns in front of other people. He did promise me, so I taught him but he started to show off in front of others!

僕は色んな人達にドライビングを指導しました。それが「ゴー!ゴー!若大将」(1967)に繋がったんです。
あの映画のカーレースのシーンやラリーのロングショットは僕が運転しました。いわばスタントマン役ですね!
スピンターンをやってみせたら、加山君が僕にやり方を教えてほしいと頼んできたのです。
とても危険なので、絶対に人の前でやらないと約束して、教えたのですが、早速人前で見せびらかしていましたよ!

BH: You worked with Izumi Yukimura, and Chiemi Eri in Janken Musume (1955), Cha-Cha Musume, (1956) and that series of films.
Please talk about your memories of working with Ms. Yukimura, Ms. Eri, and (Ms. Hibari Misora).

雪村いづみ、江利チエミとジャンケン娘(1955年・東宝)や大暴れチャチャ娘(1956年・東宝)シリーズで共演されていますね。雪村さんと江利さん(それから美空ひばりさん)の思い出をお話ください。

TE: In those days, the studio was trying to sell actors and actresses as trios. Hibari Misora was the youngest of that trio, but she was ranked number one of the group.
She made her debut when she was young. Hibari was taken care of by her stage mother. (laughs) She made her debut when she was very young and became a star.
She reportedly had no wallet or purse. Her nickname was “Ojo,” a princess, which even her mother called her.
Next in age was Tonko, which came from Izumi Yukimura’s real name. Ms. Yukimura would sing American jazz. Chiemi Eri was the oldest.
But Chiemi was ranked number three, and Ms. Yukimura was number two in the trio. I appeared in the Sazae-san series with Chiemi (who was starring).

当時、撮影所は3人組で俳優を売り出すのが定番でした。美空ひばりはこの3人の中で一番若かったのですがランクは一番上でした。
小さな頃にデビューしていたからです。お母さんがマネージャーをされていて大切にされていました。(笑)とても小さな頃にデビューしてスターになったのです。
ですからお財布を持ったことがないと言われていました。ニックネームは「お嬢」で、母親がそう呼んでいました。
次に若かったのがトンコ、雪村いづみの本名から来たあだ名です。雪村さんはアメリカのジャズを歌っていました。
江利チエミは一番年上でしたが、ランク的には3番目で、雪村が2番目でした。僕はサザエさんシリーズで江利さん(主役)と共演しました。

BH: Personality-wise, on the set, do you remember what Ms. Yukimura, Ms. Eri, and Ms. Misora were like, making those films?

性格的に、撮影現場では雪村さん、江利さん,美空さんはどのような方だったか覚えていらっしゃいますか?

TE: Hibari was kind of a child star, so she was treated separately. Chiemi was always together with her older brother.
Chiemi married Ken Takakura. Mr. Takakura was a very serious man. So it was kind of hard for her to live with that type of person since she was more of a liberated and delightful type of person. Izumi had an assistant and driver. She didn’t have any songs by herself, but she was able to sing American jazz.

ひばりちゃんは子役スターでしたから扱われ方が別格でした。チエミちゃんはいつもお兄さんと一緒でした。
江利さんは高倉健さんと結婚しました。高倉さんはとても真面目な方で、気を遣うタイプの人でした。だから彼女にとっては大変だったようです。
江利さんはもっと自由で楽しい方でしたから。
トンコにはアシスタントと運転手がいました。自分の持ち歌はなかったけれど、アメリカのジャズを歌ってましたね。

BH: One of your films during that time was Waga mune ni niji wa kiezu (1957), with Ishiro Honda as the director.
Of course, Akira Takarada, Akihiko Hirata, Yoshio Tsuchiya, many famous Toho actors appeared in it. What do you remember about this film and specifically Mr. Honda?

当時ご出演された映画の一つに本多猪四郎監督の「わが胸に虹は消えず」(1957年)がありましたね。
もちろん宝田明、平田昭彦、土屋嘉男などの東宝の有名俳優さんたちが出ていました。この作品について、特に本多監督についてどんなことを記憶されていますか?

TE: I’m very happy that you pointed out this movie. It was a B-movie. Usually there were two films released at the same time every week.
I was one of the actors in this B-movie. The A-picture was headlined by a top star at that time. I was young, and I was not the top star at that time.
I had a major role in this B-movie. The A-movie was usually concerned with how much money it could make. But, with B-movies, that is not a concern at all.
We were able to concentrate on producing something creative, meaningful, and of high quality.

この映画を取り上げてもらえたのがとても嬉しいですね。この作品は低予算映画でした。
通常同じ週に2本立てで映画が配給されていたのですが、僕はこのB級作品の出演者の一人でした。
A級作品にはトップスターが出ていました。当時僕は若かったしトップスターではありませんでしたが、B級映画では主役を演じていました。
A級映画は通常どのくらいの興行収入が稼げるかが問題でしたが、B級の場合、そんな心配は全くありませんでした。
ですから、クリエイティブで意味のある良質な作品を作り出すことに集中できたのです。

In many cases, assistant directors propose some play or screenplay that they wrote themselves.
There’s no casting involved from the beginning; it’s very free in that sense. In order to make a good movie, they could select appropriate actors for that role.

多くの場合、助監督が自分の書いた作品や脚本を提案します。そもそもキャスティングなんか関係なくてある意味とっても自由でした。良い作品を作るために適切な俳優を配役することができました。

In film productions these days, I noticed that the angle they use is very flat. You should use vertical angles to give depth to the film. So many more people have to be cast to be in the shot, so it could be more costly.

最近の映画製作はアングルがとても平坦だと思います。映画に奥行きを与えるには縦方向のアングルが必要だと思います。でも、そうなると多くの人を雇ってそのシーンに配置しなければならないので、より多くの予算が必要になります。

(The famous Japanese actor) Yujiro Ishihara said, “Please don’t put Kurobe no Taiyo (a.k.a. The Sands of Kurobe, 1968) onto home video, which would be shown on TV.”
That’s because the screen is so small, and the audience can’t figure out what’s going on in that scene.
These days, people can watch movies on their smart phones, which is tiny.

石原裕次郎さんは「黒部の太陽」(1968)はビデオ化してテレビで見られるようにはしないでほしい、と言っていました。
というのも画面が非常に小さくなってしまい、そのシーンで何が起きているかよく見えないからです。最近ではスマートフォンで映画が見られますが、極小ですよね。

So they can’t figure out what they’re watching! In a movie like Lawrence of Arabia, you can’t see anything on a smart phone! So audiences should go to the movie theaters instead.

観客は何を見ているか分からない。「アラビアのロレンス」のような映画はスマートフォンでは何も見えないですよ!
ですから、観客は映画館に行って観てほしいです。

I don’t like TV dramas these days because if two lovers walk along the river very slowly, that means something.
But, if today’s audience sees that, they’d change the channel. So all the scenes before the commercials attempt to be unpredictable to try to keep the audience from switching channels. (laughs)

僕は最近のテレビドラマは好きではありません。二人の恋人がゆっくりと川縁を歩いていたとすると、
それ自体何か意味がある。ところが、今の視聴者はそういったシーンをみるとチャンネルを変えてしまう。
ですから、コマーシャルの前のシーンはチャンネルを変えさせないように、全て予想不能のシーンで終わるんです。(笑)

When I was working on Desperado Outpost (1959), I had to speak Chinese. It was very hard for me to emulate what the Chinese teacher said.
The Japanese language is very flat with little fluctuation or intonation. But the Japanese are not able to tell the difference, so the director easily said, “Okay!” When we had a preview with a Chinese audience, what I was saying was completely incomprehensible. (laughs) So it was very difficult for Japanese to speak Chinese.

「独立愚連隊」(1959)という映画を撮っていた時、僕は中国語を話さなければならなかったのですが、中国語の先生の発音をまねするのがとても難しかったですね。
日本語は非常に平坦であまり抑揚のない言語なので、違いがよく分からず監督はすぐに「オッケー!」と言ってくれたのですが、中国人の観客を入れて試写会をやった時、僕の台詞はまったく理解できないと言われました(笑い)。
日本人が中国語を話すのはとっても大変でした。

Kihat-chan (director Kihachi Okamoto) wanted to shoot the movie dividing the lines into many cuts.
For example, if the line is, “I’m glad to see you today,” I’d have to say, “I’m glad to see…” That’s the whole cut! But you have to keep the same emotion in the next cut, which finishes the same sentence. So it was very hard for us actors to keep the same level of emotion.

喜八っちゃん(岡本監督)は、台詞を分けて撮影したがりました。例えば「今日はお目にかかれて嬉しいです」という台詞がだとすると、「お目にかかれて」と言ったとたんにカットがかかる。
俳優の立場からすると、同じ気持ちを次のカットまで保たなければならない。俳優にとって同じ感情のレベルを維持することは非常にむずかしいことでした。

Mr. Kurosawa was the complete opposite. (in English) One scene, one cut. Two cameras would be shooting.
There would be long scenes, and if someone messed up in the middle, they’d have to do it again from scratch.

黒澤監督は完全に反対のタイプでした。ワンシーンがワンカット。2台のカメラで撮影していました。

Mr. Okamoto was unique in the sense that he’s always wearing all black. So other actors and the staff members were wondering if his underwear was also black!
Gradually we sensed that Mr. Okamoto directed the cameraman to shoot the actors when we didn’t have lines.
The other actors in the scene would be speaking to me, but my face would be in close-up. If the cut is your listening scene rather than a speaking scene, we sensed that Mr. Okamoto was beginning to trust this actor. I realized that reaction to the other actor’s line is very important.
Mr. Okamoto would ask me, “Tat-chin, why don’t you jump from that cliff there?” with no hesitation. It would be a tense scene, so I couldn’t say no.
So I would have to jump from the cliff.

岡本監督はいつも黒い服を着ているユニークな人でしたね。他の役者やスタッフと、下着も黒なのかと噂したものです。
次第に気づいたのですが、岡本監督は台詞の無い時に俳優の顔を撮影するようカメラマンに指示しているのです。
他の俳優たちが僕に向かって話している時に、僕の顔がクローズアップされるわけです。そのカットが話すシーンではなく聴くシーンであれば、岡本監督がその俳優を信頼し始めていることなのです。リアクションも役者にとって大切なことであると気付きました。
岡本監督は僕のことをタッチンと呼んでくれていましたが、「タッチン、ちょっとそこの崖から飛び降りられないかな」などと平気で要求してきました。
緊迫したシーンでしたので、イヤです、とは言えません。だから飛び降りなきゃならなかった。

There’s a movie called Samurai, and there’s a long recitation I have to do at the beginning of a scene.
So I practiced and began reciting it in a recording room. Then Mr. Okamoto said, “No, no,” and showed me how he wanted it himself.
So I had to practice again from the beginning because the way I did it was totally different from Mr. Okamoto’s understanding. Something like that would happen very often.

「侍」(1965年)という映画があったのですが、あるシーンの冒頭で僕が長台詞を言わなければならなかった。
僕は練習をして録音室で語り始めた。すると、岡本監督が「ちがう、ちがう」と言って、こうやるんだとお手本を見せてくれた。
僕のやり方は監督の理解と全く違っていたので、僕は最初から練習し直さなければなりませんでした。
そういったことがよくありましたね。

The movie Desperado Outpost deals with the subject of comfort women. It’s still a big topic now, but these films did not promote war; they were anti-war.
Mr. Okamoto implied in his film that war is humanity’s stupidest act. That’s what he tried to reflect in that movie.
Still, some critics have argued that it’s a movie that promotes war. But Mr. Okamoto’s attitude was that only those who understand my message will get the message, so let it be.

今、大きな話題となっていますが、「独立愚連隊」という映画は慰安婦問題を扱っています。この映画は戦争を煽っているのでなく、反戦映画でした。
岡本監督は映画の中で、戦争とは人間の最も馬鹿げた行為であるということを示唆しています。この映画はそれを反映させようとしたものです。
ある批評家はこの映画は戦争を煽っているとしていると主張しましたが、岡本監督は、自分のメッセージを理解する者だけが自分のメッセージを受け取るのだから放っておけ、という態度でした。

BH: Another film that you worked on was Osorubeki hiasobi (a.k.a. Playing with Fire, 1959), with Jun Fukuda (as director) and Yosuke Natsuki as the stars.

もう一つの映画で、「恐るべき火遊び」(1959)という映画に出演されていますね。
福田純監督で夏木陽介さんが主演の映画です。

TE: My position in this movie was to support the newcomer, for example, Mr. Kayama and Nat-chan (Mr. Natsuki).
When they made their debut, I was asked to be there to help them. At Toho, Nat-chan was a motorcycle freak.
Nat-chan forced me to buy one, even though I never had a chance to drive it! Nat-chan was considered something like a gangster in Hachioji (Nat-chan’s hometown).
It was a Honda model, but there was no cell motor. You had to kick-start it, so I did.

この映画における僕のポジションは、新人俳優をサポートする役でした。
例えば、加山君や夏っちゃんがデビューする時に、僕は彼らを助けるために出てよ、と言われて出演しました。東宝では、夏っちゃんはモーターバイク狂でしたからね。
夏っちゃんには僕も無理矢理バイクを買わせられました。一度も運転する機会はなかったのですけどね!
夏っちゃんは八王子(夏木の出身地)の暴走族と言われていたんですよ。ホンダのバイクでしたがセルモーターが無いものでした。だからキックしてスタートしなければならなかったので、僕もキックしてました。

BH: During this time, you were also in a trio with Akira Kubo and Akira Takarada.

この時代、江原さんは久保明さんや宝田明さんと一緒に3人組でも仕事されていましたよね。

TE: Mr. Kubo was a star at that time. Mr. Takarada was from Manchuria. Both were stars, so they couldn’t star in a film together. So that’s why I was brought in. That made the trio.
Mr. Kubo’s roles were usually very serious, so he couldn’t do anything ridiculous in his private life.
Mr. Kubo once admitted to me, “You always get to play a bad guy, so I envy you!” He was tired of always being the leading man.

久保ちゃんは当時トップスターでした。宝田さんは満州から引き揚げていらして、お2人ともスターでしたので同じ映画に一緒に出ることはありませんでした。
そこで僕が出演することになったんです。という訳で3人組になったんです。
久保ちゃんの役どころは通常とても真面目な役だったので、プライベートでもあまり馬鹿げたことはできませんでしたね。ある時、久保ちゃんは僕に「君は悪役ができていいなあ。羨ましいよ!」と言っていました。
いつも主役を演じることに飽きていたんでしょうね。

BH: In the early 1960s, you worked on Daigaku no Wakadaisho (a.k.a. University Young Guy, 1961) with Mr. Yuzo Kayama.
So please talk about the introduction to Mr. Kayama and how that relationship started.

1960年代初頭、加山雄三さんと「大学の若大将」に出られていますね。加山さんとの出会いと、どういった経緯で親しい関係になったかお話し下さい。

TE: I met with Mr. Kayama in a college PE class, which was actually a skiing class in Shiga Kogen Ski Area.
I was born in March, and Mr. Kayama was born in April, so even though we were born in the same year (1937), in Japan the cut-off date is usually April 1.
So, in that sense, Mr. Kayama is one year younger than I am. At that time I was already an actor and had worked together with Mr. Kayama’s father, Mr. Ken Uehara.
So Mr. Kayama introduced himself by his real name: “Hi, my name is Ikehata.” I asked him, “Are you going to be an actor as well?” He replied, “No, I’m not interested in becoming an actor. I’m very into designing ships. So that’s what I want to do — design boats.”
However, when I was in the shooting in Hakuba for a movie called Daigaku no Sanzoku-tachi (1960), Mr. Kayama just came up to me and said, “I’m going to be an actor.”
He had just graduated from college. I asked him, “Why didn’t you become a designer of boats?”
He answered, “You can’t make much money as a salaryman, so I’m going to make some money as an actor, and then I can design ships.
” His stage name is Yuzo Kayama, and the kanji characters in his name are “ka” (from Kaga Domain or modern-day Ishikawa Prefecture — a very wealthy area) and “yama” (from Mount Fuji). “Yu” is hero, and “zo” comes from the founder of Toho, Ichizo Kobayashi.

僕が加山君に会ったのは大学の体育の実技の授業です。志賀高原でスキー実習があって、そこで出会いました。
僕は3月生まれで、加山君は4月生まれなので同じ年(1937年)に生まれたのですが、日本では4月1日が学年を分ける日なので、そういう意味では加山君は僕より1学年下ということになります。
当時僕は既に俳優で、加山君のお父様の上原謙さんとも共演したことがありましたので、加山君は本名で「池端と言います」と挨拶したのです。
僕が「君も俳優になるつもりなの?」と聞くと、彼は「いいえ、俳優になるつもりはありません。船の設計にとても興味を持っているので、船を設計したいと思っています。」と答えました。ところが、岡本喜八監督の「大学の山賊たち」を白馬で撮影していると、大学を卒業したばかりの彼がやってきて、「俳優を目指すつもりです」と言うではありませんか。そこで私は尋ねました。
「船舶の設計士になるんじゃなかったの?」彼の答えは「サラリーマンではあまり収入が期待できないので、俳優になってある程度金を稼いでから船を設計して作ろうと思っています」でした。
彼の芸名は加山雄三で、加は加賀百万石の「加」、山は富士山の「山」、雄は英雄の「雄」、三は東宝の創立者小林一三の「三」からとったそうです。

Mr. Kayama’s father, Ken Uehara, was a big star, but he was a frugal man. He didn’t spend much money in his everyday life like a star.
One day, Mr. Hiroshi Koizumi got Mr. Uehara’s used car, but the car didn’t have a clock. Mr. Koizumi asked, “Why doesn’t this car have a clock?” Mr. Uehara answered, “You have a watch on your wrist.” (laughs) He was that type of person. I presumed that Mr. Kayama was raised by Mr. Uehara in a very strict way, not in a rich way.

加山君のお父様は大スターでしたが質素な方で、いわゆるスターのように日常生活に余りお金を使いませんでした。
ある時、小泉博さんが上原さんが乗っていた車を譲ってもらったのですが、車に時計がついていませんでした。小泉さんが「どうしてこの車には時計が無いのですか?」と尋ねたところ、上原氏の答えは「ここに腕時計してるでしょ」でした(笑)。そういうタイプの方でしたね。
僕が思うに、加山君は上原さんに甘やかされずに厳しく育てられたのだと思いますよ。

Yoko Kozakura is his mother, and she is a very interesting person. One time, she went to Hawaii for skiing.
At the Immigration counter, she was asked, “Why are you carrying skis?” She answered, “You don’t know there is a skiing area in the mountains.”
Mr. Kayama was asked to be a guarantor of his uncle’s hotel, and they became heavily in debt afterward. He had a very hard time to pay off that debt.
There is an actress named Megumi Matsumoto and they were married. They started out in a very shabby apartment, but they became very successful after all.
But without his wife, there is no Mr. Kayama. Mr. Kayama is a composer, so I asked him, “Why don’t you create something for your wife?” Finally he recently did that for her.
But every time Mr. Kayama wants to start something new, his wife would ask me, “Tat-chan, you should say something to him.”
Mr. Kayama is a very good skier, and he was selected for the National Athletic Meet. Because his relatives operated a hotel in Iwappara (a skiing resort), the lift was free.
That’s why he became a very good skier. That’s what I said, but Mr. Kayama said, “Don’t say that!”

加山さんのお母様は小桜葉子さんといって、大変面白い人でした。
ある時、小桜さんはハワイにスキーに行ったのですが、入国カウンターで「どうしてスキーを持っているのか?」と尋ねられた。
小桜さんは「ハワイでスキーをするために来たのよ」と言い、「あなたはハワイ島の山でスキー場ができるのを知らないの?」と答えたそうです。
加山君は伯父さんのホテルの保証人を頼まれて、多額の借金を背負い込むことになりました。その借金を返済するのに大変な時代があったのですよ。松本めぐみさんという女優さんがいたのですが、加山君はこの方と結婚しました。
大変貧しいアパートから新婚生活をスタートさせ、結局非常に成功されたのですが、この奥さん無しには加山君はなかったですね。
加山君は作曲家でもあるので「奥さんのために何か作曲してあげたら?」と僕は言っていたのですが、最近奥さんのために作曲したようです。
でも加山君が何か新しいことを始めたいと言い出すと、奥さんは必ずぼくに「達ちゃん、ちょっと何か言ってよ」と頼んできました。加山君はスキーの名手で国体の選手に選ばれたこともありました。
加山君は親族が岩原スキー場を経営していたので、「リフトがタダだったから、スキーが抜群にうまくなったんだろう」と僕が言うと、彼は「それは言うな!」と言っていましたね。

Mr. Natsuki’s mother was a great mother. She was very well-mannered. Every time I called, his mother answered the phone with a very, very polite greeting.
Their real name is Akusawa. “Thank you very much for taking care of my son, Tamotsu, all the time.” Mr. Natsuki was very popular among girls.
Every time a girlfriend would call him, his mother would say exactly the same thing to his girlfriend. All the girls were intimidated and scared away by his mother.
That’s why he ended up being a bachelor. One time Mr. Natsuki asked me, “What are you driving?” I replied, “I’m driving a light car.”
Mr. Natsuki envied me because he wanted to drive a Wagon R, but his manager told him not to drive a car like that because, for a movie star, it’s not good to drive such a car! (laughs) So he didn’t have a chance to drive the car he wanted. He had to maintain his image.

夏木陽介さんのお母様は、すばらしいお母様でしたよ。大変マナーの良い方でした。僕が電話をすると、お母様はいつも本当に丁寧にご挨拶をして下さいました。
本名は阿久沢というんですけどね。「いつも保(たもつ)がお世話になっておりまして、誠にありがとうございます」という感じです。
夏木さんは女の子に非常にもてていましたが、ガールフレンドが電話しても、お母様は同じように受け答えするわけです。みんなこのお母様に怖じ気づいてしまうといった感じでしたね。ですから、夏木さんは独身のままなんですよ。
ある時、夏木さんが「車は何を運転してるの?」と僕に聞くので「軽自動車だよ」と答えると羨ましがっていました。彼はワゴンRを運転してみたいのだけれど、マネージャーが車好きとしても知られている映画スターとして軽はダメだというのだと言っていました(笑)。
ですから、自分が運転したい車に乗る事ができなかった。イメージを大切にしなきゃならないから。

BH: Another film with Mr. Honda as the director is Inao: Story of an Iron Arm (1959), the baseball movie.
The stars were Yumi Shirakawa and Yuriko Hoshi in a small part. What do you remember about making this baseball movie?

本多さんが監督をしたもうひとつの映画「鉄腕投手 稲尾物語」(1959年)、野球の映画でしたが、主演は白川由美さんと、小さな役で星由里子さんがキャスティングされていましたね。この映画を作ったときの思い出などを教えてください。

TE: This is the story of Mr. Inao, a baseball pitcher of Seibu. We went to Fukuoka for location shooting. Ms. Hoshi made her debut in this movie.
Her mother and older brother came to see the preview at Kyoritsu Hall in Tokyo.
The family greeted me and everybody, and then they were waiting for Ms. Hoshi to appear onscreen. She never appeared after all because of Mr. Honda, who cut her scenes! Ms. Hoshi and her family might be worried about what would be her future at that time.
We were both born in Edo (Tokyo), and Edokko people have a certain kind of character. Your role was very small, so you have to make your debut in a leading role.
She agreed. Ms. Hoshi and I had a brother-sister relationship. Ms. Hoshi calls me “Onii-chan” or “big brother.” So she relied on me. I would drive her home in Kanda all the time.

西武のピッチャー稲尾さんの話で、福岡にロケに行きました。星さんはこの映画でデビューしました。
彼女のお母さんとお兄さんが、東京の共立ホールで行われた完成試写会に来ました。
ご家族は星さんのシーンを楽しみ待っていましたが、結局星さんのシーンは本多監督がカットしたためにありませんでした!ご家族は、星さんは将来を心配したと思いますが、僕も彼女も東京生まれの江戸っ子気質だったので、
「端役でデビューするよりも主演デビューするべきだよ」と僕が言うと彼女も同意してくれました。
星さんと僕は兄妹の感覚だったので、星さんは僕を「お兄ちゃん」と呼んでいました。僕を頼りにしてくれていたので、いつも神田の家まで車で送っていたものです。

Ms. Hoshi is a very beautiful actress now, but when she was 15, and she came to see us with no makeup, there were lots of marks on her face.
She looked like the first printing (galley proof) of a newspaper at that time. Her nickname is still “Gera.” “Gera” is first printing! (laughs)

星さんは今では大変美しい女優さんですが、15歳の頃の素顔の彼女は、ゲラ刷りの新聞みたいに、顔にたくさんのほくろがありました。で、僕が付けたあだ名は「ゲラ」。彼女のあだ名は未だに「ゲラ」。ゲラ刷り!(笑)

BH: Let’s talk about Sanjuro (1962) with Mr. Kurosawa. It was your first time working with Mr. Kurosawa.

黒澤監督の「椿三十郎」(1962年)についてお話ししましょう。黒澤監督とはこれが初めてでしたよね。

TE: In Sanjuro, I was selected as one of the nine young samurai. But I had only one line. So mostly I had to react to other actors. That led to my role in Red Beard.
In that movie, I have to say, “Are you Mr. Yasumoto?” That is the first line. But the first line is everything when it comes to the movies and stage shows.
It is one line, but it’s at the very beginning. I had to practice for about two weeks.

「椿三十郎」では、僕は9人の若い侍の一人でした。でも、たったひと言しか台詞がありませんでした。
ですから、ほとんどのシーンで僕は他の俳優の演技に反応しなければなりませんでした。それが後の「赤ひげ」の役に繋がりました。
「赤ひげ」では、最初の台詞が僕の「保本さんですか?」というものでした。映画も舞台も最初の台詞がすべてです。
たったの一言の台詞でしたが、最初の台詞だったので、半月くらい練習しなければなりませんでした。

In the scene at the end of Sanjuro, Mr. Mifune and Tatsuya Nakadai are trying to kill each other, and then blood suddenly spurts from Mr. Nakadai.
Everybody was stunned! It looked so real. None of us nine samurai was alerted ahead of time that would happen!
After the filming, everybody went to the tate-shi, the professional theatrical swordfighters, to ask how they did that. We practiced together. I can still do it.

椿三十郎の最後のシーンでは、三船さんと仲代達矢さんが殺し合いをするのですが、突然仲代さんから血が吹き出しました。みんな仰天しましたよ!
本物そっくりだったんですから。9人の侍は誰も前もって知らされていませんでした。こういう事はよく起きました!
撮影が終わった後、殺陣師のところに行ってどうやったのか聞きました。一緒に練習もしました。今でもできますよ。

In Sanjuro, one day Mr. Kurosawa came to the studio set, saying that tsubaki, which is camellias, don’t bloom this way.
Perhaps some were made by a part-timer. So Mr. Kurosawa didn’t like the way these flowers were blooming.

椿三十郎では、黒澤監督がある日セットにやって来て、「椿はこうは咲かないよ。」と言いました。たぶんバイトの人達が作ったのでしょう。
黒澤さんは椿の咲き方が気に入らなかったのです。

There were lots of episodes with Mr. Kurosawa. For instance, we went to golfing together, and I was invited to a sukiyaki party.
Mr. Kurosawa was very meticulous about entertaining his guests. Even if the sukiyaki is made of good meat, only the surface is really good, and the inside is not that good. So Mr. Kurosawa was picking only the good parts! (laughs) Also, when playing golf, everybody was in a competitive mode.
Before we shot, we practiced a lot. “Don’t do that. We are not professionals. We are amateurs; we have to have fun. Shoot twice, and then get the better score every time.”
That’s the Kurosawa rule. He didn’t like chrysanthemum flowers. As you may know, at Japanese funerals, most flowers are chrysanthemums.
That’s a common rule. So the assistant had to spend half a day taking out the chrysanthemums for the funeral.

黒澤監督についてはたくさんのエピソードがあります。例えば、ゴルフに一緒に行ったり、すき焼きパーティーに呼ばれたりしました。
黒澤監督はお客さんをもてなすことについては大変神経を遣われました。例えば、すき焼きの肉を1枚1枚チェックするのです。
肉屋が、表面は良い肉でも、中にあまり良くない肉を混ぜているかもしれないと言って、お客のために美味しい部分だけを選りすぐっていました!(笑)
ゴルフをするときはみんな競争心むき出しですから、スタート前に何度も練習をしますよね。すると、「練習するな。俺たちはプロじゃない。素人なんだから楽しむべきだ」と。それで、「スタートホールだけは2回打って良い方のボールをとる」というのが黒澤ルールになりました。また、監督は菊の花が好きじゃなかった。
ご存知のように日本の葬式では、一般的な常識としてほとんどの場合、菊の花が飾られます。
ですから、お通夜の日に我々は半日かけて葬式の菊の花を取り除かなければなりませんでした。

BH: How about Operation Sewer Rats (1962) with (director) Okamoto, and Mr. Natsuki, Mr. Kayama, and Mickey Curtis are in the cast.

岡本喜八監督の『どぶ鼠作戦』(1962年)は加山さんや夏木さん、ミッキー・カーチスさん等が出演していましたが、いかがでしたか?

TE: Mr. Okamoto knew that I was very athletic. So, for the very dangerous scenes that involved things like throwing grenades and jumping into windows, I was selected.
Mr. Okamoto had already decided that I should do that, so there was no room for declining the offer. I didn’t play a military role, so I didn’t have to shave my head. Mr. Okamoto’s Japan’s Longest Day (1967) was probably the first movie which was controlled by the budget and the guarantee of each star.

岡本監督は僕が運動神経が良いことをご存知だったので、手榴弾を投げるとか、窓に飛び込むといった非常に危険なシーンによく起用されました。
監督は僕ができると決めつけていて、そういった指示を断ることは全くできませんでした。僕は軍人役ではなかったので頭を坊主にすることはありませんでしたが。
岡本監督の「日本でいちばん長い日」(1967年)は、予算とスターのギャラによって管理制作されたおそらく最初の作品ではないでしょうか。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s