I LOVE JAPAN ❤ 日本の今を伝えたい! 江原達怡さんを訪ねて Visiting Tatsuyoshi Ehara – Part.2

Standard

BH: Let’s now talk about Red Beard. You’ve spoken about Red Beard quite a bit, but is there anything else from the production that you’d like to talk about?

それでは、「赤ひげ」について話しましょう。この作品についてはもうたくさんお話しされていますが、現場の出来事など他にお話しされたいことはありますか?

TE: As I explained, I only had one line to say. “Are you Mr. Yasumoto?” My role was that of a Chinese medicine doctor. Mr. Yasumoto is actually played by Mr. Kayama.
At that time, Dutch medicine was very prominent, and Mr. Kayama plays an expert in Dutch medicine. So my character was to be replaced by Mr. Yasumoto.
That’s why I have to ask, “Are you Mr. Yasumoto?” That’s a very important line in the sense that I will be replaced by him, and I’m not sure about this Dutch medicine, but I can resign from this job when he comes. There are lots of mixed feelings, so the way I say the line is extremely difficult for me.
Without a very mixed feeling, Mr. Kurosawa wouldn’t take it. So I practiced a lot.

前にも説明したように、「保本さんですか?」という最初の台詞がすべてだったわけです。
僕の役は漢方の医者で、保本役は加山君が演じました。当時はオランダ医学が最先端で、加山君はオランダ医学の専門家という役どころでした。
僕は、嫌いな赤ひげの診療所を辞めたいと思っていて、新しい医者がくれば辞められることになっている。その新しい医者が保本なんですが、オランダ医学の専門家でもある彼にも興味がある。
そこにはものすごく複雑な思いがあるわけで、「保本さんですか」という、その台詞はものすごく難しかったのです。
そんな複雑な気持ち表現できなければ、黒澤監督は絶対にOKを出しません。だから何度もやり直しをさせられました。とにかく何度も何度も練習しましたよ。

Are you familiar with Miyuki Kuwano? She is from Shochiku. Usually in Shochiku movies the actresses are wearing eyeliner, and she was wearing eyeliner when she came to see Mr. Kurosawa. Ms. Kuwano’s role was one of the villagers, so she shouldn’t be wearing eyeliner. Mr. Kurosawa didn’t like those unrealistic things.
She had to abide by the Toho rules.

桑野みゆきさんをご存知ですか?松竹の女優さんです。通常、松竹映画では女優はアイラインを引くので、彼女も扮装テストの時にアイラインを描いていました。
でも桑野さんの役どころは村人の一人ですから、アイラインは必要ない。黒澤監督は非現実的なことが嫌いでしたから、「あなたの役はそのような化粧をするのですか」と言われました。桑野さんは東宝のルールに従わなければならなかったんですね。

One time, Mr. Kurosawa said the open set was set up. The actors and staff members had to wait for a long time.
Everybody was wondering why. Mr. Kurosawa said, “Let the open set get weathered.” That way, there are raindrops and smears, and it looks more realistic.
He was that type of director.

ある時、黒澤監督がオープンセットを建てるように言いました。でも、なかなか撮影が始まりません。
役者もスタッフも、どうしてこんなに時間がかかるのかと思っていたんです。すると黒澤監督は「オープンセットが風雨にさらされる必要がある」と言われたのです。
雨粒や汚れがついてこそより現実的に見えるのだと。そういう監督でしたね。

Last year, I had a chance to see Mr. Kayama. I asked him, “Why don’t you return to movies, not only singing a song?” He answered, “No, I don’t think I could do anything better than Red Beard. Red Beard is probably the best movie I’ve ever done. If Mr. Kurosawa were still alive and making movies, then I might. But, without him, there are no good movies to make.”

昨年、加山君に会う機会がありました。「歌だけでなく、映画もやったらどう?」と僕が尋ねると 「いや、『赤ひげ』がすべてだよ。多分『赤ひげ』がこれまで僕の演じた最高の演技だから。もし黒澤監督が生きていて映画を作るのであれば演るかもしれないけどね。でも彼はもういないから、良い映画はできないよ。」

BH: Another big movie that you worked on was Chushingura (1962), with Mr. (Hiroshi) Inagaki as the director. It was an all-star cast, many big Toho stars.
What do you remember about making Chushingura?

もう一つの大作に稲垣浩監督の「忠臣蔵」(1962年)がありますね。オールスターキャストで東宝の大物俳優が大勢出演されています。
この作品の製作中の思い出などありますか?

TE: I also had only one cut in Chushingura. I vividly remember this one cut, “Allow me tell you this,” which is the one line I had to say.
My role was the younger brother of Takuminokami Asano played by Yuzo Kayama, the major role. After opening the paper sliding door, I say my line.
In modern times, we can open the door with one hand, but the manner at the time called for me to push a little bitfirst and then slide it. After entering the room, I have to ask permission to speak. I couldn’t step on the black seams of the tatami mat. After that, I have to shut the sliding door the same way.
I have to do all this without even thinking about it, subconsciously. So I have to run and show the audience that I am in a big rush. I had to pay attention to all the details, but I have to do it subconsciously. That was the most difficult part.

僕は「忠臣蔵」でもワンシーンしかなかったんですよ。その中のワンカット、台詞は「申し上げます」のひと言しかなかったのですが、今でもはっきりと覚えていますよ。
僕の役は加山雄三の演じる重要な役どころ、浅野内匠頭の弟役でした。障子を開けてから台詞を言うのです。
現代では僕たちは片手でドアを開けることができますが、当時の行儀作法としてはまず片手で少しだけ扉を開け、次に両手で開けました。部屋に入った後は、話をしていいか許可を得なければなりません。
それに畳の縁を踏んではいけないわけです。そしてまた同じ作法で障子を閉める。僕の役はこれらを全く意識しないで行わなければならないのです。
衣装を身にまとって、僕は廊下を走り抜け、大急ぎであることを観客に見せなければならないのですが、こういった細かい事に気を配りつつ、それを無意識にやらなければならないのがとても難しかったですね。

BH: What do you remember about Ultra Q (1966)?

ウルトラQ(1966年)についてはどういう思い出がありますか?

TE: In those days, movie companies were the competitors for TV productions. So, usually, movie stars are not used for TV productions.
But I was acceptable for TV, so that’s why I was used. Kizudarakenotenshi (1974-75) was another popular series, and I was in it.
Mako Midori was an actress. She is a very interesting person. We clicked with each other. We were brother and sister, but if we were just regular siblings, the story would not be interesting. We decided to love each other like a man and woman and said, “Why don’t we do that?”
So we did, and it was successful. You reminded me of all these things, so I am so glad! (laughs)

当時、映画会社はテレビを競争相手だと思っていました。ですから普通は映画スターはテレビには出ませんでしたが、僕は脇役だったのでテレビに出るのもOKでした。
ウルトラQは第1話に出ています。シリーズ物の初期の作品にはずいぶん出ています。人気シリーズの「傷だらけの天使」(1974-75年)も第2話に出演しました。
緑魔子という女優と共演したのですが、大変面白い人で、すぐに気が合いました。僕らは兄妹の役でしたが、単なる兄妹だと面白くないので、「男と女のように互いを愛し合っているという関係にしませんか?」と提案したら、彼女も賛成してくれました。結果、成功でした。
今日のインタビューはこう言った事も色々と思い出させてくれて嬉しいですよ!(笑)

I had a chance to meet an Asahi newspaper reporter, and that young reporter told me, “I adored you in Ultra Q as the newspaper reporter, so I became a newsman myself.”
I’ve been acting as a supporting player, not as the star, but what’s good about being a supporting actor is that you have some discretion about how to decide what type of person this character is.
Leading actors have limited discretion. Usually the director has to direct the actor specifically about how to act, and what kind of facial expression he must have.
But in my case there are no detailed descriptions about how my character moves or reacts anything. I must think about it. So that’s the fun part.
One time, I was into the psychology of it — what kind of person could say a line like this. So I tend to think too much about it sometimes.
Even if I come up with some reactions or movements or facial expressions, the director may say no, that’s not what I want. So I must always think about multiple options.
That’s the fun part. But it’s fun to play in supporting roles.

朝日新聞の若い記者に会う機会があったのですが、「ウルトラQであなたが演った新聞記者に憧れて、僕は新聞記者になったのです」と言ってくれました。
僕は主演俳優ではなく脇役としてやってきましたけど、脇役でいることの良い点は、この人の性格はこういう感じだろうと自分の裁量である程度決められ、演じることができることです。主演俳優の裁量は限られています。通常は、監督が主演俳優に具体的にどのように演じるか、またどういった顔の表情を作るかなども指示します。
でも僕の場合は、僕の役柄がどのように動いて、何に反応するかなどについての細かい指示はありません。自分で考えなくてはなりません。そこが面白い。
ある時、僕は心理学にはまり、こんな台詞はどういった種類の人間が言うのだろうとか考えていました。時に考えすぎてしまう傾向があるんです。
リアクションや動きや顔の表情なんかを考えていっても、監督にそれはダメ、そういうふうじゃない、と言われることもあります。
ですから、常に複数の選択肢を考えておかなければならない。それがまた面白い面でもありますね。でも脇役を演じることは楽しいですよ。

Asako Kato: Why do you live in Azumino, Nagano?

どうして長野の安曇にお住まいなのですか?

TE: I was raised in the smack of Tokyo, Minato Ward. At that time, there was a lot of nature, even in Tokyo.
I collected butterflies, and I skied in the Tokyo Tower area, and fished in Tokyo Bay. I belonged to a mountain club in college.
So I really wanted to live among nature for a long time. I believe people who fight each other in the world live in countries without green, woods, and trees.
So I believe that nature, animals and plants, can listen to the language of human beings. But, on the other hand, human beings cannot listen to animals and plants and nature. At the age of 78, I believe that my responsibility is to urge human beings to get along with each other and to pay more attention to nature.
That’s my theme for the rest of my life. For example, when cherry blossoms don’t bloom. Experts say you have to talk to the tree.
You have to intimidate the tree by saying that, “If you don’t bloom this next year, I’m going to cut you down.” Then they bloom.
Then you should praise them saying , “You are so beautiful.” Animals fight each other, especially in the same species. If the losing party runs away, they are never chased.
Only human beings do that.

僕は東京の真ん中で育ちました。港区です。当時は東京にもたくさん自然が残っていました。蝶々を集めたり、東京タワーの辺りでスキーもしましたし、
東京湾で釣りもやりました。僕は大学で山岳部に所属していたので自然に囲まれて住みたいなとずっと思っていました。
僕が思うには、世界の中で人類同士が争っている所は緑や森や木々のない所です。 僕は自然、動物、植物は人間の言葉を聞くことができると信じています。
ところが、人間は動植物や自然の声を聞くことができません。78歳になった僕としては、人間は互いに仲良くしてもっと自然に目を向けるようよ、というテーマで生きて行きたいですね。
例えば、桜の花が咲かなかったら、専門家が言うには、桜の木に話しかけなさいというのです。桜の木を脅かして「もし来年咲かないなら切り落としてしまうよ」と。
そして、花が咲いたら「きれいだね」と話しかけるといいと言うのです。動物は、同じ種の中で互いに戦います。しかし、決して殺すことまではしません。
負けを認めて逃げたものは追いかけない。人間だけが追いかけて殺すのです。

I’ve visited the United States many times, but one time I was looking at the Empire State Building, and an American asking if I were Japanese. I said yes.
He said, “There’s something I want to ask you. What is mu?” He said, “It means nothing in Buddhism.” I was wondering why this man was saying such a thing.
He was a Vietnam veteran who shot someone there and watched that person fall down and die. He couldn’t get that image out of his mind. It came back for a long time, again and again. He didn’t know how to deal with it. Christianity is not helpful for dealing with this sort of problem.
So one day he decided to go to a Buddhist temple in Japan. So I think it’s very sad and shocking to be killed, but killing someone is probably most shocking to the killer if the killer is a normal person.

アメリカに何度か行ったことがありますが、ある時エンパイアステートビルを見ていたら、アメリカ人が僕に日本人かどうか尋ねてきました。
僕がそうだと答えると「ひとつ聞きたいことがあるのですが、『無』とはなんですか?」と聞くのです。彼は「仏教では何もないという意味だそうですね」と言う。
僕はなぜこの人がこんなことを言うのだろうと思っていると、彼はベトナムの帰還兵で、ベトナムで人を撃ち、その人が倒れて死ぬのを見ていたと言うのです。
その映像が彼の脳裏から離れない。長い間、人を殺した場面が何度も出てくるのだそうです。でもどうやってそれに対処すればよいのか分からない。
キリスト教はこう言った問題を扱うのに役に立たない。そこで、彼はいつか日本の仏教寺院に行ってみようと決めたのだそうです。その時思ったのは、
殺されることは非常に悲しくショッキングなことだけれども、殺しをした人が普通の人であった場合は、殺人は恐らくその人にとって最もショッキングな出来事なのだということです。

I believe it’s related to nature. If you lived in a green area with nature and clean air, and if you can be together with nature, animals and plants, and if you can communicate with nature, then you wouldn’t want to fight each other.

僕は、それは自然と関係していると信じています。もし自然や澄んだ空気に恵まれた緑の大地に住んでいたなら、もし自然や動植物と一緒に生きることができたなら、
もし自然と意思の疎通ができたなら、互いに争いたいとは思わないでしょう。

Thirty years ago I moved to Nagano Prefecture. There’s a coined word called the “I-turn.” The “I” represents going one way. A U-turn is going somewhere and back.
If you were born in the countryside and come to college and work and then return to the countryside, that is a U-turn.
But I took an I-turn because I was born and raised in Tokyo but went to Nagano. I live in my second house. The first one had a fireplace.
Right now I have a log stove, so I have to make a real fire. But urban kids never see a real fire. These days, people don’t smoke, so they don’t even see a lighter flame.
But it’s a real fire in my place.

30年前、僕は長野県に移住しました。「I-ターン」という造語があるのですが、「I」は一方方向ということを表しています。U-ターンはどこかへ行ってまた戻ってくる。
田舎で生まれたけど大学や仕事で都会に行って、将来はまた田舎に戻るというものです。でも、僕は東京で生まれ育ったので、長野に行くというI-ターンを選んだのです。
今2軒目の家に住んでいるのですが、最初の家には暖炉がありました。今はログストーブがあるので、本物の火を焚かなければなりません。ところが都会の子供達は本物の炎を見たことがない。
この頃は煙草を吸わないからライターの火も見たことがない。僕のは本物の火ですよ。

BH: In the last few moments, I want to mention a few names, and it’s sort of like a word association. Kon Ichikawa.

最後になりましたが、何人かの名前を言わせて頂いて連想ゲームをしたいと思います。まず、市川崑監督。

TE: (in English) Cigarette! My first impression is that he would put his cigarette inside his teeth or something without using his hands, so he would smoke and talk at the same time…a famous story!
He used to ask how many seconds the take lasted to a scripter.

(英語で)シガレット!
第一印象は、シガレットを、手を使わずに歯かなにかで中に入れたまま煙草を吸いながら同時に話していたことです。
有名な話です!そのテイクが何秒かかったかをスクリプターによく尋ねていました。

BH: Next is Nobuo Nakagawa.

次は中川信夫監督。

TE: He was soft-spoken and was not the type of a director who said to do this and do that. Instead, he let actors do whatever they wanted.
But the actors felt some pressure to create the situation of how they act in that scene. First, he would ask, “How do you want to do this?”
Then he would correct it a little bit. That’s the way he directed. So it looked like he was an easy director, but he was not that easy. In order to be recognized by him, you had to prepare a lot.

中川監督は優しい語り口の方で、俳優にああしろ、ここしろというタイプではありませんでした。やりたいようにやらせてくれました。
でも俳優としては、そのシーンでどのように演じるか、その状況を作るのにプレッシャーを感じました。まず、監督はこう尋ねます。「これをどのようにやりますか?」それから監督は少し直す。そういったやり方でしたね。とても優しい語り口でしたよ。ですから優しい監督のように見えますが、実はそれほど優しくはなかった。
中川監督に認められるにはたくさんの準備が必要でしたね。

BH: Momoko Kochi.

河内桃子さん。

TE: She was tall and very nice. She was very well bred. She was the daughter of a college professor.
But as an actress, she was losing her position to Setsuko Hara, Yoko Sugi, and Yoko Tsukasa. But she was tall and slim and very nice.
She joined Toho the same year as Akira Takarada and Yu Fujiki.

背が高くて感じの良い女優さんでした。とても育ちの良い方でした。大学教授のお嬢さんかなにかでした。
でも、女優としては原節子さんや杉葉子さん、司葉子さんが出てきたためにポジションがなくなっていったようです。
背が高くてほっそりしていて非常に良い感じの方で、宝田明さんや藤木悠さんと東宝で同期でした。

BH: Senkichi Taniguchi.

谷口千吉監督

TE: He was the teacher of Kihachi Okamoto, and he was married to Kaoru Yachigusa, a very famous actress.
But his first marriage was with Setsuko Wakayama, another actress. When he was asked the reason he chose her over Ms. Wakayama, his answer was, “Because she’s younger. I can absorb her young spirits.” (laughs) Ultimately, Mr. Taniguchi died, but Ms. Yachigusa is still alive, which means he was probably absorbed by Ms. Yachigusa.

谷口監督は岡本喜八監督の先生でした。大女優の八千草薫さんと結婚していました。でも最初の奥さんは若山セツ子という別の女優でした。
若山さんと別れて八千草さんを選んだ理由を聞かれた時の答えは「だって若いから。若さを吸収できるから。」(笑)でした。
でも今は、谷口さんは亡くなり、八千草さんはお元気でらっしゃいますから、八千草さんに生気を吸いとられちゃったのかもしれません(笑)。

BH: Kajiro Yamamoto.

山本嘉次郎

TE: Mr. Yamamoto was famous for the number of cuts he takes a day. He was a very quick shooter, usually taking only half the days required.
So actors are required to be well prepared to be on the set. From the actors’ point of view, if Mr. Yamamoto used you, then you were recognized as a talent, as an independent actor who could be used anywhere.

山本監督は一日に撮るカット数が多いので有名でした。撮影がとても早く、通常は半日しかかかりませんでした。
俳優としては、十分に準備して撮影に臨まなければならなりませんでした。
山本監督が俳優を使う場合、その俳優は独立した才能を認められた、どこでも通用する俳優という感じでした。

BH: Yumi Shirakawa.

白川由美

TE: She is a typical Edokko kind of person. I meet her once a year at the gathering of Toho alumni. Everybody calls her Oyumi. She is the same age as I am.
I think she is the daughter of a liquor shop owner from Gotanda. She took care of her husband Mr. Nitani until he passed away.

白川さんは典型的な江戸っ子です。今も東宝の同窓会で毎年一回会いますよ。皆から「おゆみ」と呼ばれています。
僕と同じ年なんです。白川さんは五反田の酒屋の娘だったと思います。夫の二谷さんが亡くなるまでよく面倒を見てましたね。

BH: Jun Fukuda.

福田淳

TE: At the time when Mr. Fukuda became a director, the whole movie industry was controlled by revenues and budgets, so he had to survive in that environment.
He didn’t have a chance to do things he wanted to do because of the industry trends. So he was famous for a series of movies but not for one particular title.

福田さんが監督になった頃には、映画産業全体に興行収入や予算の制約があって、そういう環境の中でやっていくしかありませんでした。
そういった風潮の中では自分の好きなことをする機会はありませんから、シリーズ化された映画では有名ですが、これといった映画で有名ということはありませんでしたね。

BH: Setsuko Hara.

原節子

TE: She was the first real actress in Japan. She was so beautiful, and she was a big star when I joined Toho. Senior people called her Hara Set-chan.
But my colleagues and I couldn’t call her that name, so we called her Hara Setsuko-san. She created that kind of atmosphere without doing anything.
She was a natural-born actress. I think she was the first Japanese actress who had that aura. She has a specific image that the audience has of her, so she does not want to destroy that image. So she never attended the Toho alumni gatherings.
Some people have actually seen her shopping in Kamakura, but she never makes public appearances. That’s a very professional way.

原さんは日本初の本物の女優さんでした。本当に美しくて、僕が東宝に入ったときは大スターでした。
年上の人たちは原せっちゃんと呼んでましたが、僕らの仲間はとてもそういう風には呼べませんでした。原節子さんでした。自然体でいてある種雰囲気のある方でしたね。
生まれながらの女優さんでした。あのようなオーラのある女優さんは日本では初めてだったと思います。
原さんは観客が彼女に対して持っているイメージを大切にされていて、そのイメージを壊したくないと思っていらっしゃるので、東宝の同窓会にも決して出ていらっしゃらないです。彼女が鎌倉で買い物をしているのを見たなどと言う人もいますが、決して人前には出てきません。プロとして大切なことですよね。

BH: Mie Hama.

浜美枝

TE: I sometimes see Ms. Yuriko Hoshi and Ms. Nami Tamura, but I never see Ms. Hama. I worked with Ms. Hama on three movies, and we went on location in Oshima for a commercial.
She used to be a bus girl, and she was scouted for Toho and joined the studio, but being an actress was just one step in her life. So, after she got married and lived in the countryside, she never made public appearances.
She was famous for her role in a 007 movie (You Only Live Twice, 1967), but in those days people had a prejudice against that kind of movie.
The actresses in those films were almost naked, so it was almost like a Nikkatsu role. Some people said she should have gone to Nikkatsu.
Nikkatsu specialized in a certain genre, and Nikkatsu sounds like “nikku katsu,” and “niku” is meat or “body”!

僕は時々星由里子さんや田村奈巳さんとは会いますが、浜美枝さんに会ったことはないですね。浜さんとは3本の映画でご一緒しました。
大島にコマーシャル撮影で行ったこともあります。彼女はかつてバスガイドだったのですが、東宝にスカウトされて入りました。
でも女優になることは彼女の人生においては一つのステップに過ぎなかったのでしょうね。
ですから、結婚して田舎に住み始めてからは決して人前には出てきませんでした。
浜さんは「007は2度死ぬ」(1967)のボンド映画で有名ですが、当時の人々はあの種の映画に偏見をもっていましたので、女優が裸同然の格好でああいった映画に出るのはほとんど日活映画の役と同じだと思われていました。人によっては、浜さんは日活に行くべきだったと言っていました。
日活はあるジャンルに特化していましたからね。日活は「肉活」のように聞こえるので。「肉」とはミート、つまり身体のことです。

BH: Tadao Takashima.

高島忠夫

TE: Mr. Takashima belonged to Shintoho, and it was one of the five major studios, but it was ranked at the bottom.
It was not very famous for any particular films, and the studio didn’t have movie theaters, so some people had a prejudice against it, compared with the other studios.
People thought of it as a very minor studio. Mr. Takashima was doing some music-related movies and music-related works, including Arashi wo Yobu Otoko.
But Shintoho didn’t have any stage theaters, so maybe I was more active in stage performances in Nichigeki and Kitano Theater where I even had a chance to sing.
Toho had big stars like Ryo Ikebe and Toshiro Mifune, and there was always a kind of a seniority system.
But Shintoho was relatively new, and there were no big names at Shintoho at that time.

高島さんは新東宝に所属していました。5社協定の撮影所の一つでしたが最下位でした。新東宝はこの作品で有名といったものがなく、映画館をもっていなかったために
他の4社に比べて偏見をもたれていました。非常にマイナーなイメージをもたれていましたね。「嵐を呼ぶ男」等の音楽関連の映画や仕事をしていました。
新東宝には劇場がないために、むしろ僕の方が日劇や北野劇場で歌を歌う機会がありましたね。東宝には池部良さんや三船敏郎さんといった大物俳優がいて、
ある種の年功序列がありました。新東宝は比較的新しい撮影所だったので、トップスターは当時いませんでした。

BH: Last name: Kenji Sahara.

最後は佐原健ニ

TE: Mr. Sahara used to have the stage name Tadashi Ishihara.
But when Shintaro Ishihara came in, he had to work together with him at Toho in a film, so Mr. Sahara had to change his stage name.
Toho wanted to promote Shintaro Ishihara. So at that time Mr. Sahara was kind of angry. He was a good-looking actor.
He wanted to be a supporting actor, but he failed to become a supporting player. Mr. Takarada, Mr. Hirata, and Mr. Ikebe had the starring roles, so Mr. Sahara found it difficult to find his position because he was too good-looking to become a supporting actor.
Yu Fujiki was a supporting actor and a fencer as well. (laughs) Mr. Fujiki had his position, and other actors had their position, but Mr. Sahara didn’t have a specific position.
But he’s a very nice person and has no biases whatsoever. We share very similar things in common. That’s the image I have.

佐原さんは、昔は石原忠という芸名でした。でも石原慎太郎さんが東宝で映画に出ることになり、芸名を一緒にしないと言われ、芸名を変えなくてはならなくなりました。
東宝は石原慎太郎さんを売り出そうと思っていました。あの時、佐原さんは怒っていましたよ。彼はハンサムな俳優でしたが、脇役になりたかった。
でもうまく行かなかったんですね。宝田さんや平田さん、池部さんが主演している中で、佐原さんは自分のポジションを見つけるのが難しかったようです。
脇役としては顔が良すぎましたからね。藤木悠さんは脇役でフェンシングの選手でもありました。(笑)
藤木さんは自分のポジションを確立していて、他の俳優達もポジションをもっていましたが、佐原さんは特定のポジションが無かったのです。
でも彼は人間的には嫌みが一つもない人でした。僕は脇役だったから彼に共通項をちょっと感じましたね。そういうイメージでしたよ。

BH: Finally, is there anything else you’d like to mention, or final comments for the interview?

最後に、何かございますか?最後のコメントなど頂ければ。

TE: After I won the driving contest, I started to work for the automobile industry.
I was also a skier, and I started to work for the sports industry, sports magazines and newspapers.
So I write articles about sports. I’m also a designer for Liberty Bell, which is a very famous skiwear in Japan. Liberty Bell is also a U.S. company, located in Seattle.
The Japanese company wanted to use its name to market skiwear in Japan, but the designs should be specifically for the Japanese, and I was a designer.
This company has the best-selling skiwear in Japan. Ever since I’ve been engaged in planning and consulting work, I’ve always said I was 10 years ahead of the times.
So it’s very hard for the market to catch up. Recently, I’ve maybe only been a few years ahead of the curve. So, for anything new and innovative, companies come to me.
So there are always a number of projects I have to work on.

ベストドライバーコンテストで優勝した後、僕は自動車業界でも活動を始めました。
また、僕はスキーヤーでもあるのでスポーツ業界、スポーツ雑誌や新聞でも仕事を始めました。
今でも「スポーツ用品ジャーナル」という雑誌に25年以上原稿を書いていますし、日本で非常に有名なスキーウェアであるリバティーベルのデザインも担当しました。
リバティーベルはシアトルに本社がある米国企業ですが、日本の企業がそのブランドを使って日本でスキーウェアを販売することになり、日本人向けにデザインしなおす必要があったため、僕がデザイナーに選ばれたのです。この企業は日本におけるスキーウェア販売高第一位の会社です。
企画・コンサルタントの仕事に携わって以来、僕はいつも10年早いと言われてきました。市場が僕に追いついてくるのに時間がかかるわけです。
最近では数年早いだけになって来ましたけどね。新しいこととか革新的なことを始めようとしている企業が、よく僕の所に相談に来ます。
ですから、いつも複数のプロジェクトに関わっています。

The thing I’ve noticed recently is that people tend to choose something cheap instead of high-quality.
People are actually proud of how little they pay for things like clothes, not how good the quality is. My work starts with the question: What is a human being?
Right now, everything is handled digitally, so it’s black and white, or 0 and 1. But there are lots of shades in between, especially in the human mind.
So I want to remind people of that. Elderly people know that especially well, and there’s some market for that as well. So that’s the area I’m working in now.

最近気づいたのですが、今の消費者は高品質の物よりも安い物を選ぶ傾向がありますよね。実際、買った洋服がいかに安かったかということを自慢している。
いかに質が良いかということではなくてね。僕の仕事は質問から始まります。人間とは何なのか?
現代では何もかもがデジタル化されていて、白か黒か、ゼロか1かという処理をする。でも本当は、特に人間の心の中には白黒つけられないグレーの部分がたくさんある。
ですから、僕はそのことを皆に気づいてほしいのです。お年寄りはそのことを特に良く分かっているので、そういった市場もあるのです。
僕が今やっているのはそういった領域です。

Originally, the Japanese character is indecisive. American people tend to think, “I don’t know what he’s thinking – yes or no.
” But the younger generation is becoming like Westerners or Americans, in that things should be decided very quickly.
But still, some younger-generation Japanese have inherited that national personality, so I want to let the people know we were born that way, so that subconsciously we sense that there is something in between yes and no, and we have to stick to that. I worry about choosing one out of two. There are a lot of things in between.
If you propose something and ask if I am interested, I would reply, “Let me think,” or, “I’m trying to think about it.”
Eventually the answer could be no, but you don’t say no instantly. Your efforts should be considered.
You came up with this idea, and you think that this could be a good business. So that’s why you are here, to propose it. That’s why I don’t say no instantly.
It’s a little different from being indecisive, but there’s caring or consideration toward you, which I have to show you.
It’s very difficult to explain, but that’s why the Japanese language is affirmative or negative at the very end, not at the beginning.
The very basic rule is: Don’t hurt other people.

日本人ははっきり物を言わない国民性をもっています。アメリカ人は「日本人は何を考えているか分からない。イエスなのかノーなのか」と思いがちです。
今の若い人たちは西洋化というかアメリカ化してきていて、物事を素早く決めなければならないと考えている。
でも若い人たちの中にも、今なお日本人の国民性を受け継いでいる人達もいる。
日本人は曖昧な世界に生きていて、イエスとノーの間に色々な答えがあることを無意識に理解しています。
僕は皆さんにその曖昧な世界が大事であることを知ってほしいと思っています。
僕は2者択一ということがちょっと心配です。反対と賛成の間に色々な考えがあるものです。
もしあなたが僕に何かを提案して、興味があるかどうか聞いた場合、「考えさせてください」とか「考えてみます」と答えるでしょう。
結局答えはノーであっても、すぐにノーとは言いません。提案してくれた人の努力に配慮するべきだからです。
ある考えを思いついて、その考えが良いビジネスになると思って、わざわざ出向いてくれている。だから、すぐさまノーとは言わないのです。
優柔不断とは少し違うけれども、そこには相手に対する優しさとか思いやりがあって、それを相手に示さなければなりません。説明するのは大変難しいですが。
だから日本語は、肯定でも否定でも、結論は最初ではなく最後に来るのです。最も基本的なルールは「相手を傷つけないこと」です。

There are a lot of projects in the pipeline, but one of them is a water fueled car. H2O consists of hydrogen and oxygen, both of which are combustible.
So it could power a car. Japan is surrounded by seawater, but we have the technology to change the seawater into real water, so we have lots of natural resources.
In cell phones, there is a gold thread distribution inside. That technology, which is number one in the world, was created by a woman in Ota Ward, Tokyo.
There are a lot of precision-industry factories in Ota Ward. Ball bearing technology is one of them.

今後控えているプロジェクトはたくさんあるのですが、その内の一つが水で走る車です。H2Oは水素と酸素でできていますが、どちらも可燃性です。
ですから車を動かす動力になる。日本は海に囲まれていますが、海水を真水に変える技術を持っているので、天然資源はたくさんあるわけです。
携帯電話には非常に繊細な金の糸の配線が入っています。この技術は東京大田区の工場の女性の手による世界一のものです。
大田区には精密機械の工場がたくさんあります。ボールベアリングの技術もその一つです。

Being in the film industry means that actors are usually recognizable. So there’s a good and bad about it.
It’s been a while since I appeared in a famous movie, so I think nobody knows me anymore, but the other day I took a taxi ride, and the driver was watching me in the rearview mirror.
He started to ask, “Are you…?” I said, “Well, yes.” “I am a big movie fan, so I saw lots of your movies.
” When I was at Toho, I was taught that a movie star cannot take change or ask for a receipt. So I paid and said, “Keep the change.” The driver was impressed!
But these days the young talent wants change and a receipt with no price on it. So I was saved! (laughs)

映画に出ているということは、俳優は面が割れているということです。それには良い面と悪い面があります。
僕は映画に出なくなって久しいので、僕を知る人は少ないと思っていたのですが、最近タクシーに乗ったら運転手がバックミラーで僕をじろじろ見ている。
「ひょっとしてあなたは?」「ええ、そうです」「私は映画が大好きで、あなたの映画をたくさん見ましたよ」と言われました。
僕は東宝で映画スターはお釣りや領収証をもらってはいけないと教わったので、当然「お釣りは結構です」。運転手は「さすがですねぇ!」と言って、続けました。
「今の若いタレントはお釣りもとるし、領収書も数字の書いてないのを欲しがるんですよ」と僕は救われましたよ!(笑)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s